統計情報

 「 若い 」の検索結果約11件の中1 - 11件目. (0.637 秒) 

平均年齢が日本一低い職種(男性篇)

http://jp1.com/平均年齢が日本一低い職種男性篇/ 2014-08-15
==平成25年== 平均年齢が日本一低い男性主要職種は「理容・美容師」である。平成25年賃金構造基本統計調査により男性理容・美容師の平均年齢は29.2歳である。  


平均年齢が日本一低い職種(女性篇)

http://jp1.com/平均年齢が日本一低い職種女性篇/ 2014-08-15
==平成25年== 平均年齢が日本一低い女性主要職種は「左官」である。平成25年賃金構造基本統計調査により女性左官の平均年齢は21.5歳である。  


日本一若い金持ち

http://jp1.com/日本一若い金持ち/ 2014-07-25
2014年米Forbes(フォーブス)の世界億万長者(The World’s Billionaires)の発表により、2014年(平成26年)現在、日本一若い金持ちは日本のスマートフォンゲームメーカー株式会社コロプラ代表取締役社長「馬場 功淳(ばば なるあつ)」である。 36歳の年齢に対し、個人総資産はおよそ22億ドル(約2235億円)もある。 「日本人金持ちランキング」で13位、世界金持ちランキング844位にもランクインした。


史上最年少市長当選記録

http://jp1.com/史上最年少市長当選記録/ 2013-06-05
史上最年少で市長当選したのは1994年(平成6年)に就任した東京都武蔵村山市の志々田浩太郎(ししだ こうたろう、1966年5月26日 - )・元市長である。当選年齢は27歳1カ月である。


現職で全国最年少市長

http://jp1.com/現職で全国最年少市長/ 2013-06-05
2013年(平成25年)6月2日岐阜県美濃加茂市長に当選した藤井浩人(ふじい ひろと、1984年7月25日 -)氏(28才)は現職で全国最年少市長である。(6月2日現在)


AIR&STYLE日本人初優勝

http://jp1.com/airstyle日本人初優勝/ 2013-02-20
2012年(平成24年)12月8日、中国北京で開催された世界トップクラスのスノーボードの祭典「AIR&STYLE Beijing 2012」にて16歳の角野友基(かどの ゆうき、兵庫県出身、1996年(平成8年)5月18日 - )選手が日本人として初優勝を果たし、世界の頂点に立った。


日本一速い少年

http://jp1.com/日本一速い少年/ 2013-02-20
2012年(平成24年)11月3日に高校2年生の桐生祥秀(洛南高等学校、16歳11か月)は静岡県のエコパ・スタジアムで行われた「エコパ・トラック・ゲームス」の100m競技で、10秒19の成績を出し、100mユース世界記録・日本記録をマークした。


史上最年少日本人初ジャンプワールドカップ総合優勝

http://jp1.com/史上最年少日本人初ジャンプワールドカップ総合/ 2013-02-18
2013年(平成25年)2月17日、ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプはスロベニアのリュブノで女子個人第14戦(HS95メートル、K点85メートル)を行い、高梨沙羅(たかなし さら、北海道出身、1996年(平成8)10月8日 - )選手が今季8勝目をマーク、2戦を残してジャンプ競技で日本人初のW杯総合優勝を決めた。 そして、16歳4カ月での総合優勝はスキーW杯史上最年少記録という。


オリコン・シングル週間ランキング、初登場TOP10入り最年少ソロアーティスト

http://jp1.com/オリコン・シングル週間ランキング、初登場top10入/ 2013-01-24
芦田愛菜(あしだ まな、2004年(平成16年)6月23日 兵庫県出身)のソロデビューシングル『ステキな日曜日~Gyu Gyu グッデイ!~』(2011年10月26日発売)が2011年11月7日付オリコンシングル週間ランキングで4位に初登場した。 「初登場TOP10入り」の年齢「7歳4ヵ月」は男女通じソロアーティストの最年少記録となった。


日本内閣総理大臣最年少就任および在任記録

http://jp1.com/日本内閣総理大臣最年少就任および在任記録/ 2013-01-24
日本の歴代総理大臣の中で最年少記録を保持しているのは、1885年(明治18年)12月22日就任した初代伊藤博文(いとう ひろぶみ、当時44歳3ヶ月)である。戦後最年少としては、2006年の安倍晋三(あべ しんぞう、当時52歳)である。


オリンピックに出場する日本一年少の選手

http://jp1.com/オリンピックに出場する日本一年少の選手/ 2013-01-24
オリンピックに出場する日本一年少の選手は女性フィギュアスケート選手の稲田 悦子(いなだ えつこ、1924年2月8日 - 2003年7月8日)選手である。1936年2月、ドイツで行われたガルミッシュパルテンキルヒェンオリンピックに僅か12歳で出場した。