統計情報

 「 内閣総理大臣 」の検索結果約9件の中1 - 9件目. (0.525 秒) 

日本内閣総理大臣最短在職期間記録

http://jp1.com/日本内閣総理大臣最短在職期間記録-2/ 2013-01-24
日本の歴代総理大臣の中で最短の在職期間記録は、1945年(昭和20年)8月17日 - 同年10月9日在職した東久邇宮 稔彦王(ひがしくにのみや なるひこおう、1887年(明治20年)12月3日 - 1990年(平成2年)1月20日)の54日である。


日本内閣総理大臣最長連続在職期間記録

http://jp1.com/日本内閣総理大臣最長連続在職期間記録-2/ 2013-01-24
日本の歴代総理大臣の中で最長連続在職期間記録を保持しているのは、1964年(昭和39年)11月9日-1972年(昭和47年)7月7日在職した佐藤栄作(さとう えいさく、1901年(明治34年)3月27日 - 1975年(昭和50年)6月3日)である。在職期間2798日(約7年8ヶ月)。


日本内閣総理大臣最長連続在職期間記録

http://jp1.com/日本内閣総理大臣最長連続在職期間記録/ 2013-01-24
日本の歴代総理大臣の中で最長連続在職期間記録を保持しているのは、1964年(昭和39年)11月9日-1972年(昭和47年)7月7日在職した佐藤栄作(さとう えいさく、1901年(明治34年)3月27日 - 1975年(昭和50年)6月3日)である。在職期間2798日(約7年8ヶ月)。


日本内閣総理大臣最年少就任および在任記録

http://jp1.com/日本内閣総理大臣最年少就任および在任記録/ 2013-01-24
日本の歴代総理大臣の中で最年少記録を保持しているのは、1885年(明治18年)12月22日就任した初代伊藤博文(いとう ひろぶみ、当時44歳3ヶ月)である。戦後最年少としては、2006年の安倍晋三(あべ しんぞう、当時52歳)である。


日本内閣総理大臣最年長就任記録

http://jp1.com/日本内閣総理大臣最年長就任記録-2/ 2013-01-24
日本の歴代総理大臣の中で最年長就任記録を持っているのは、鈴木 貫太郎(すずき かんたろう、1868年1月18日(慶応3年12月24日) - 1948年(昭和23年)4月17日)で、1945年(昭和20年)4月7日の就任時は77歳2ヶ月である。


日本内閣総理大臣最年長就任記録

http://jp1.com/日本内閣総理大臣最年長就任記録/ 2013-01-24
日本の歴代総理大臣の中で最年長就任記録を持っているのは、鈴木 貫太郎(すずき かんたろう、1868年1月18日(慶応3年12月24日) - 1948年(昭和23年)4月17日)で、1945年(昭和20年)4月7日の就任時は77歳2ヶ月である。


日本内閣総理大臣最年長在任記録

http://jp1.com/日本内閣総理大臣最年長在任記録/ 2013-01-24
日本の歴代総理大臣の中で最年長在任記録を持っているのは、大隈 重信(おおくま しげのぶ、天保9年2月16日(1838年3月11日) - 1922年(大正11年)1月10日)で、1916年(大正5年)10月9日の退任時は78歳6ヶ月である。


日本内閣総理大臣最年長在任記録

http://jp1.com/日本内閣総理大臣最年長在任記録-2/ 2013-01-24
日本の歴代総理大臣の中で最年長在任記録を持っているのは、大隈 重信(おおくま しげのぶ、天保9年2月16日(1838年3月11日) - 1922年(大正11年)1月10日)で、1916年(大正5年)10月9日の退任時は78歳6ヶ月である。


日本内閣総理大臣最短在職期間記録

http://jp1.com/日本内閣総理大臣最短在職期間記録/ 2013-01-24
日本の歴代総理大臣の中で最短の在職期間記録は、1945年(昭和20年)8月17日 - 同年10月9日在職した東久邇宮 稔彦王(ひがしくにのみや なるひこおう、1887年(明治20年)12月3日 - 1990年(平成2年)1月20日)の54日である。