統計情報

 「 労働・賃金 」の検索結果約240件の中141 - 160件目. (0.623 秒) 

運輸業郵便業就業者比率が日本一低い都道府県

http://jp1.com/運輸業郵便業就業者比率が日本一低い都道府県/ 2013-01-24
運輸業郵便業就業者比率が日本一低い都道府県は「山形県」である。全国運輸業郵便業就業者比率5.527%に対し、山形県の運輸業郵便業就業者比率は0.935%である。


卸売業小売業就業者比率が日本一高い都道府県

http://jp1.com/卸売業小売業就業者比率が日本一高い都道府県/ 2013-01-24
卸売業小売業就業者比率が日本一高い都道府県は「福岡県」である。全国卸売業小売業就業者比率17.005%に対し、福岡県の卸売業小売業就業者比率は19.193%である。


卸売業小売業就業者比率が日本一低い都道府県

http://jp1.com/卸売業小売業就業者比率が日本一低い都道府県/ 2013-01-24
卸売業小売業就業者比率が日本一低い都道府県は「徳島県」である。全国卸売業小売業就業者比率17.005%に対し、徳島県の卸売業小売業就業者比率は14.206%である。


金融業保険業就業者比率が日本一高い都道府県

http://jp1.com/金融業保険業就業者比率が日本一高い都道府県/ 2013-01-24
金融業保険業就業者比率が日本一高い都道府県は「東京都」である。全国金融業保険業就業者比率2.628%に対し、東京都の金融業保険業就業者比率は4.155%である。


金融業保険業就業者比率が日本一低い都道府県

http://jp1.com/金融業保険業就業者比率が日本一低い都道府県/ 2013-01-24
金融業保険業就業者比率が日本一低い都道府県は「佐賀県」である。全国金融業保険業就業者比率2.628%に対し、佐賀県の金融業保険業就業者比率は1.474%である。


不動産業物品賃貸業就業者比率が日本一高い都道府県

http://jp1.com/不動産業物品賃貸業就業者比率が日本一高い都道/ 2013-01-24
不動産業物品賃貸業就業者比率が日本一高い都道府県は「東京都」である。全国不動産業物品賃貸業就業者比率1.992%に対し、東京都の不動産業物品賃貸業就業者比率は3.954%である。


不動産業物品賃貸業就業者比率が日本一低い都道府県

http://jp1.com/不動産業物品賃貸業就業者比率が日本一低い都道/ 2013-01-24
不動産業物品賃貸業就業者比率が日本一低い都道府県は「島根県」である。全国不動産業物品賃貸業就業者比率1.992%に対し、島根県の不動産業物品賃貸業就業者比率は0.605%である。


宿泊業飲食サービス業就業者比率が日本一高い都道府県

http://jp1.com/宿泊業飲食サービス業就業者比率が日本一高い都/ 2013-01-24
宿泊業飲食サービス業就業者比率が日本一高い都道府県は「沖縄県」である。全国宿泊業飲食サービス業就業者比率5.983%に対し、沖縄県の宿泊業飲食サービス業就業者比率は8.318%である。


学術研究,専門・技術サービス業就業者比率が日本一低い都道府県

http://jp1.com/学術研究専門・技術サービス業就業者比率が日本-2/ 2013-01-24
学術研究,専門・技術サービス業就業者比率が日本一低い都道府県は「山形県」である。全国学術研究,専門・技術サービス業就業者比率3.218%に対し、山形県の学術研究,専門・技術サービス業就業者比率は1.711%である。


宿泊業飲食サービス業就業者比率が日本一低い都道府県

http://jp1.com/宿泊業飲食サービス業就業者比率が日本一低い都/ 2013-01-24
宿泊業飲食サービス業就業者比率が日本一低い都道府県は「福島県」である。全国宿泊業飲食サービス業就業者比率5.983%に対し、福島県の宿泊業飲食サービス業就業者比率は5.076%である。


生活関連サービス業娯楽業就業者比率が日本一高い都道府県

http://jp1.com/生活関連サービス業娯楽業就業者比率が日本一高/ 2013-01-24
生活関連サービス業娯楽業就業者比率が日本一高い都道府県は「沖縄県」である。全国生活関連サービス業娯楽業就業者比率3.858%に対し、沖縄県の生活関連サービス業娯楽業就業者比率は4.702%である。


生活関連サービス業娯楽業就業者比率が日本一低い都道府県

http://jp1.com/生活関連サービス業娯楽業就業者比率が日本一低/ 2013-01-24
生活関連サービス業娯楽業就業者比率が日本一低い都道府県は「島根県」である。全国生活関連サービス業娯楽業就業者比率3.858%に対し、島根県の生活関連サービス業娯楽業就業者比率は2.882%である。


学術研究,専門・技術サービス業就業者比率が日本一高い都道府県

http://jp1.com/学術研究専門・技術サービス業就業者比率が日本/ 2013-01-24
学術研究,専門・技術サービス業就業者比率が日本一高い都道府県は「東京都」である。全国学術研究,専門・技術サービス業就業者比率3.218%に対し、東京都の学術研究,専門・技術サービス業就業者比率は5.794%である。


教育学習支援業就業者比率が日本一高い都道府県

http://jp1.com/教育学習支援業就業者比率が日本一高い都道府県/ 2013-01-24
教育学習支援業就業者比率が日本一高い都道府県は「京都府」である。全国教育学習支援業就業者比率4.556%に対し、京都府の教育学習支援業就業者比率は6.287%である。


教育学習支援業就業者比率が日本一低い都道府県

http://jp1.com/教育学習支援業就業者比率が日本一低い都道府県/ 2013-01-24
教育学習支援業就業者比率が日本一低い都道府県は「静岡県」である。全国教育学習支援業就業者比率4.556%に対し、静岡県の教育学習支援業就業者比率は3.921%である。


医療福祉業就業者比率が日本一低い都道府県

http://jp1.com/医療福祉業就業者比率が日本一低い都道府県/ 2013-01-24
医療福祉業就業者比率が日本一低い都道府県は「愛知県」である。全国医療福祉業就業者比率10.582%に対し、愛知県の医療福祉業就業者比率は8.466%である。


複合サービス事業就業者比率が日本一高い都道府県

http://jp1.com/複合サービス事業就業者比率が日本一高い都道府/ 2013-01-24
複合サービス事業就業者比率が日本一高い都道府県は「鳥取県」である。全国複合サービス事業就業者比率0.679%に対し、鳥取県の複合サービス事業就業者比率は1.470%である。


複合サービス事業就業者比率が日本一低い都道府県

http://jp1.com/複合サービス事業就業者比率が日本一低い都道府/ 2013-01-24
複合サービス事業就業者比率が日本一低い都道府県は「東京都」である。全国複合サービス事業就業者比率0.679%に対し、東京都の複合サービス事業就業者比率は0.273%である。


医療福祉業就業者比率が日本一高い都道府県

http://jp1.com/医療福祉業就業者比率が日本一高い都道府県/ 2013-01-24
医療福祉業就業者比率が日本一高い都道府県は「高知県」である。全国医療福祉業就業者比率10.582%に対し、高知県の医療福祉業就業者比率は15.543%である。


漁業就業者が日本一多い都道府県

http://jp1.com/漁業就業者が日本一多い都道府県/ 2013-01-24
漁業就業者数が日本一多い都道府県は「北海道」である。漁業就業者数は約3.5万人で、全国漁業就業者総数17.7万人の約2割である。