統計情報

 「 科学・研究 」の検索結果約3件の中1 - 3件目. (1.837 秒) 

世界初の小惑星サンプルリターン

http://jp1.com/世界初の小惑星サンプルリターン/ 2013-02-04
日本時間2003年5月9日13時29分25秒に宇宙科学研究所(ISAS)が打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ」が2005年夏にアポロ群の小惑星イトカワに到達し、その表面を詳しく観測してサンプル採集を試みた後、2010年6月13日22時51分、60億キロの旅を終え、地球に帰ってきて、世界初の小惑星サンプルリターンを実現した。


日本初の宇宙飛行士

http://jp1.com/日本初の宇宙飛行士/ 2013-02-04
日本初の宇宙飛行士は秋山豊寛(あきやま とよひろ、1942年(昭和17年)6月22日 - )である。 1990年(平成2年)12月2日、旧ソ連のバイコヌール宇宙基地より宇宙船ソユーズTM-11を搭乗した秋山が、日本初の宇宙飛行士、世界初の「宇宙特派員」(宇宙に行ったジャーナリストのこと)となった。


日本初の船外活動を実施した宇宙飛行士

http://jp1.com/日本初の船外活動を実施した宇宙飛行士/ 2013-02-04
日本初の船外活動を実施した宇宙飛行士は野口 聡一(のぐち そういち、神奈川県出身、1965年(昭和40年)4月15日 - )である。 2005年7月、野口はスペースシャトル「ディスカバリー号」によるSTS-114ミッションに参加。スペースシャトルの安全確認のため打上げ時の外部燃料タンクのビデオ撮影を行うとともに、3回の船外活動のリーダーとして、軌道上でのシャトル耐熱タイルの補修検証試験、ISSの姿勢制御装置などの交換や機器の取付けと回収を行う。3回の船外活動の延べ時間は20時間5分。