統計情報

 「 スポーツ 」の検索結果約21件の中1 - 20件目. (1.840 秒) 

世界最高峰エベレストを登頂した史上最高齢

http://jp1.com/世界最高峰エベレストを登頂した史上最高齢/ 2013-05-30
2013年(平成25年)5月23日、三浦雄一郎(みうら ゆういちろう、青森県出身、1932年10月12日 - )は史上最高齢80歳で世界最高峰・エベレスト(標高8848メートル)を登頂した。


四足歩行世界一速い人

http://jp1.com/四足歩行世界一速い人/ 2013-05-13
四足走行ギネス世界記録の保持者は日本の元お笑い芸人いとうけんいち(東京都出身、1982年5月8日 - )である。2012年11月15日、世界初「四足最速の人類」としてギネス世界記録を樹立した。50mのベストタイム8.2秒で、100mベストタイム17.47秒である。


日本人として初めてのワールドシリーズ最優秀選手

http://jp1.com/日本人として初めてのワールドシリーズ最優秀選/ 2013-05-06
日本人として初めてのワールドシリーズ最優秀選手(World Series Most Valuable Player Award)を獲得したのは松井秀喜選手(まつい ひでき、石川県出身、1974年6月12日 - )である。2009年35歳の松井秀喜選手は13打数8安打3本塁打8打点、打率.615、OPS2.027で日本人選手初、フルタイムの指名打者としても初めてとなるワールドシリーズ最優秀選手(MVP)に選出された。


日本男子プロゴルフツアー史上初のエージシュート

http://jp1.com/日本男子プロゴルフツアー史上初のエージシュー/ 2013-04-28
2013年4月25日、男子プロゴルフツアー「つるやオープンゴルフトーナメント」の初日、通算113勝を誇り世界ゴルフ殿堂入りも果たしている66歳の尾崎将司(おざき まさし、ジャンボ尾崎、徳島県出身)が、1イーグル、9バーディー、2ボギーの9アンダー「62」をマークし、国内男子プログゴルフ史上初となるエージシュートを達成した。


夫婦のマラソン合計タイムギネス世界記録

http://jp1.com/夫婦のマラソン合計タイムギネス世界記録/ 2013-02-24
2013年(平成25年)2月24日に開催した東京マラソン(新宿都庁前~東京ビッグサイト、42.195キロ)にて、夫婦のマラソン合計タイムのギネス世界記録が土濃塚渉・佳代夫妻に5時間42分11秒から5時間41分36秒(渉さんが2時間36分57秒、佳代さんが3時間4分39秒)に更新された。


60ポンド重り背負いマラソンギネス世界記録

http://jp1.com/60ポンド重り背負いマラソンギネス世界記録/ 2013-02-24
2013年(平成25年)2月24日に開催した東京マラソン(新宿都庁前~東京ビッグサイト、42.195キロ)にて、60ポンド(約27キロ)重り背負いマラソンのギネス世界記録が櫻井徹(自衛隊中隊長)に4時間50分56秒から4時間39分9秒に更新された。


40ポンド重り背負いマラソンギネス世界記録

http://jp1.com/40ポンド重り背負いマラソンギネス世界記録/ 2013-02-24
2013年(平成25年)2月24日に開催した東京マラソン(新宿都庁前~東京ビッグサイト、42.195キロ)にて、40ポンド(約18キロ)重り背負いマラソンのギネス世界記録が川井智之(自衛隊隊員)に4時間1分17秒から3時間42分20秒に更新された。


20ポンド重り背負いマラソンギネス世界記録

http://jp1.com/20ポンド重り背負いマラソンギネス世界記録/ 2013-02-24
2013年(平成25年)2月24日に開催した東京マラソン(新宿都庁前~東京ビッグサイト、42.195キロ)にて、20ポンド(約9キロ)重り背負いマラソンのギネス世界記録が高田智之(東京大学大学院生)に3時間49分14秒から3時間43分33秒に更新された。


日本人初のWAT(女子テニス協会)ダブルス世界ランキング1位

http://jp1.com/日本人初のwat女子テニス協会ダブルス世界ラ/ 2013-02-23
2000年(平成11年)日本テニス選手杉山愛(すぎやま あい、神奈川県出身、1975年(昭和50年)7月5日 - )はWAT(女子テニス協会)ダブルス世界ランキング1位獲得、日本人として初めてである。


日本プロ野球セ・リーグ順位表

http://jp1.com/ranking/日本プロ野球セ・リーグ順位表/ 2013-02-22
2012年日本プロ野球セ・リーグ順位表


日本プロ野球パ・リーグ順位表

http://jp1.com/ranking/日本プロ野球パ・リーグ順位表/ 2013-02-22
2012年日本プロ野球パ・リーグ順位表


AIR&STYLE日本人初優勝

http://jp1.com/airstyle日本人初優勝/ 2013-02-20
2012年(平成24年)12月8日、中国北京で開催された世界トップクラスのスノーボードの祭典「AIR&STYLE Beijing 2012」にて16歳の角野友基(かどの ゆうき、兵庫県出身、1996年(平成8年)5月18日 - )選手が日本人として初優勝を果たし、世界の頂点に立った。


日本一速い少年

http://jp1.com/日本一速い少年/ 2013-02-20
2012年(平成24年)11月3日に高校2年生の桐生祥秀(洛南高等学校、16歳11か月)は静岡県のエコパ・スタジアムで行われた「エコパ・トラック・ゲームス」の100m競技で、10秒19の成績を出し、100mユース世界記録・日本記録をマークした。


史上最年少日本人初ジャンプワールドカップ総合優勝

http://jp1.com/史上最年少日本人初ジャンプワールドカップ総合/ 2013-02-18
2013年(平成25年)2月17日、ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプはスロベニアのリュブノで女子個人第14戦(HS95メートル、K点85メートル)を行い、高梨沙羅(たかなし さら、北海道出身、1996年(平成8)10月8日 - )選手が今季8勝目をマーク、2戦を残してジャンプ競技で日本人初のW杯総合優勝を決めた。 そして、16歳4カ月での総合優勝はスキーW杯史上最年少記録という。


通算勝利数が日本一多い騎手

http://jp1.com/通算勝利数が日本一多い騎手/ 2013-02-11
通算勝利数が日本一多い騎手は日本中央競馬会(JRA)の騎手「武 豊」(たけ ゆたか、京都府出身、1969年(昭和44年)3月15日- )である。 2013年(平成25年) 1月13日、京都5Rで史上初の中央競馬(JRA)通算3500勝達成した。 ※2013年(平成25年)2月5日現在、記録がJRA通算3504勝に更新している。


ワールドカップ日本人の初ゴール

http://jp1.com/ワールドカップ日本人の初ゴール/ 2013-02-07
サッカーワールドカップにおける日本人の初ゴールは、1998年(平成10年)にフランスで行われた1998FIFAワールドカップ、ジャマイカ戦で日本代表の中山雅史(なかやま まさし、静岡県出身、1967年9月23日 - )選手が試合後半74分に取ったゴールである。


日本プロ野球セ・リーグチャンピオン

http://jp1.com/日本プロ野球セ・リーグチャンピオン/ 2013-01-24
2012年日本プロ野球セ・リーグのチャンピオンは「巨人」である。勝86試合、敗43試合、引分15試合、本塁打94本、得534点、失354点。


日本プロ野球パ・リーグチャンピオン

http://jp1.com/日本プロ野球パ・リーグチャンピオン/ 2013-01-24
2012年日本プロ野球パ・リーグのチャンピオンは「日本ハム」である。勝74試合、敗59試合、引分11試合、本塁打90本、得510点、失450点。


オリンピックに出場する日本一年長の選手

http://jp1.com/オリンピックに出場する日本一年長の選手/ 2013-01-24
日本の馬術選手、法華津 寛(ほけつ ひろし、1941年3月28日 - )選手はオリンピックに出場する日本最年長の選手である。日本馬術連盟は2012年3月5日に法華津をオリンピック代表に決定したため、オリンピックに出場すれば史上最高齢記録を塗り替える71歳での出場となる。


オリンピックに出場する日本一年少の選手

http://jp1.com/オリンピックに出場する日本一年少の選手/ 2013-01-24
オリンピックに出場する日本一年少の選手は女性フィギュアスケート選手の稲田 悦子(いなだ えつこ、1924年2月8日 - 2003年7月8日)選手である。1936年2月、ドイツで行われたガルミッシュパルテンキルヒェンオリンピックに僅か12歳で出場した。