統計情報

 「重要窃盗犯認知件数が日本一少ない都道府県」の検索結果1件の中の1 - 1件目. (0.577 秒) 

重要窃盗犯認知件数が日本一少ない都道府県

記事最終更新日:2013年02月15日

重要窃盗犯認知件数が日本一多い都道府県は「秋田県と鳥取県」である。
警視庁犯罪統計の公表により、2012年(平成24年)秋田県と鳥取県は重要窃盗犯認知件数がそれぞれ40件で、全国重要窃盗犯認知総件数(14,412件)の約0.3%である。



  • 2013年02月07日公表
  • 平成24年1月~12月統計確定値