統計情報

 「検挙率が日本一低い刑法犯」の検索結果1件の中の1 - 1件目. (0.519 秒) 

検挙率が日本一低い刑法犯

記事最終更新日:2013年02月10日

検挙率が日本一低い刑法犯は「その他の刑法犯」の中の「器物損壊等」である。
警視庁犯罪統計の公表により、2012年(平成24年)全国刑法犯検挙率31.7%に対し、器物損壊の検挙率は7.8%しかない。
※刑法犯と検挙率の詳細については「罪種別刑法犯検挙率一覧」をご参照ください。


  • 2013年02月07日公表
  • 平成24年1月~12月統計確定値
  • 越年事件等で、検挙率が100%を超える場合がある。