統計情報

 「日本内閣総理大臣最長連続在職期間記録」の検索結果1件の中の1 - 1件目. (2.045 秒) 

日本内閣総理大臣最長連続在職期間記録

記事最終更新日:2013年01月24日

日本の歴代総理大臣の中で最長連続在職期間記録を保持しているのは、1964年(昭和39年)11月9日-1972年(昭和47年)7月7日在職した佐藤栄作(さとう えいさく、1901年(明治34年)3月27日 – 1975年(昭和50年)6月3日)である。在職期間2798日(約7年8ヶ月)。