統計情報

 「日本内閣総理大臣最短在職期間記録」の検索結果1件の中の1 - 1件目. (0.544 秒) 

日本内閣総理大臣最短在職期間記録

記事最終更新日:2013年01月24日

日本の歴代総理大臣の中で最短の在職期間記録は、1945年(昭和20年)8月17日 – 同年10月9日在職した東久邇宮 稔彦王(ひがしくにのみや なるひこおう、1887年(明治20年)12月3日 – 1990年(平成2年)1月20日)の54日である。