統計情報

 「日本内閣総理大臣最年長就任記録」の検索結果1件の中の1 - 1件目. (0.589 秒) 

日本内閣総理大臣最年長就任記録

記事最終更新日:2013年01月24日

日本の歴代総理大臣の中で最年長就任記録を持っているのは、鈴木 貫太郎(すずき かんたろう、1868年1月18日(慶応3年12月24日) – 1948年(昭和23年)4月17日)で、1945年(昭和20年)4月7日の就任時は77歳2ヶ月である。