統計情報

 「日本内閣総理大臣最年長在任記録」の検索結果1件の中の1 - 1件目. (0.531 秒) 

日本内閣総理大臣最年長在任記録

記事最終更新日:2013年01月24日

日本の歴代総理大臣の中で最年長在任記録を持っているのは、大隈 重信(おおくま しげのぶ、天保9年2月16日(1838年3月11日) – 1922年(大正11年)1月10日)で、1916年(大正5年)10月9日の退任時は78歳6ヶ月である。