統計情報

 「日本内閣総理大臣最年少就任および在任記録」の検索結果1件の中の1 - 1件目. (0.571 秒) 

日本内閣総理大臣最年少就任および在任記録

記事最終更新日:2013年01月24日

日本の歴代総理大臣の中で最年少記録を保持しているのは、1885年(明治18年)12月22日就任した初代伊藤博文(いとう ひろぶみ、当時44歳3ヶ月)である。戦後最年少としては、2006年の安倍晋三(あべ しんぞう、当時52歳)である。