統計情報

 「日本人として初めてのワールドシリーズ最優秀選手」の検索結果1件の中の1 - 1件目. (0.538 秒) 

日本人として初めてのワールドシリーズ最優秀選手

記事最終更新日:2013年05月06日

日本人として初めてのワールドシリーズ最優秀選手(World Series Most Valuable Player Award)を獲得したのは松井秀喜選手(まつい ひでき、石川県出身、1974年6月12日 – )である。2009年35歳の松井秀喜選手は13打数8安打3本塁打8打点、打率.615、OPS2.027で日本人選手初、フルタイムの指名打者としても初めてとなるワールドシリーズ最優秀選手(MVP)に選出された。



  • 2009年11月05日公表