統計情報

 「日本一長寿の人」の検索結果1件の中の1 - 1件目. (0.607 秒) 

日本一長寿の人

記事最終更新日:2013年06月30日

世界最高齢の京都府京丹後市、木村 次郎右衛門(きむら じろうえもん、1897年(明治30年)4月19日 – )さんは、2013年(平成25年)6月12日午前2時8分、老衰のため京都府京丹後市内の病院で亡くなった。116歳と54日で、確かな記録が残る男性としては史上最長寿だった。
米国の老人学研究団体「GRG」(ジェロントロジー・リサーチ・グループ)の情報によると、木村さんの死去で、115歳の女性、大阪市東住吉区の大川ミサヲさんが世界最高齢となった。厚生労働省によると、日本人男性の最高齢者は新潟県三条市に住む111歳の五十嵐(いからし)丈吉さんになる。




  • 2013年06月12日現在