統計情報

 「採卵鶏飼養羽数が日本一多い都道府県」の検索結果1件の中の1 - 1件目. (1.788 秒) 

採卵鶏飼養羽数が日本一多い都道府県

記事最終更新日:2014年09月17日

==平成26年==
採卵鶏飼養羽数が日本一多い都道府県は「茨城県」である。
農林水産省の公表により、茨城県は平成26年採卵鶏飼養羽数(種鶏を除く)が12,648千羽で、全国採卵鶏飼養総羽数(種鶏を除く)(172,349千羽)の約7.3%である。



  • 2014年09月16日公表
  • 平成26年畜産統計
  • 平成26年2月1日調査
  • 種鶏を除く



==平成25年==
採卵鶏飼養羽数が日本一多い都道府県は「茨城県」である。
農林水産省の公表により、茨城県は平成25年採卵鶏飼養羽数が13,296千羽で、全国採卵鶏飼養総羽数(174,784千羽)の約7.6%である。

==平成24年==
採卵鶏飼養羽数が日本一多い都道府県は「茨城県」である。
農林水産省の公表により、茨城県は平成24年採卵鶏飼養羽数が12,729千羽で、全国採卵鶏飼養総羽数(177,607千羽)の約7.2%である。

==平成23年==
採卵鶏飼養羽数が日本一多い都道府県は「茨城県」である。
農林水産省の公表により、茨城県は平成23年採卵鶏飼養羽数が13,298千羽で、全国採卵鶏飼養総羽数(178,546千羽)の約7.4%である。