統計情報

 「建設業就業者比率が日本一低い都道府県」の検索結果1件の中の1 - 1件目. (0.549 秒) 

建設業就業者比率が日本一低い都道府県

記事最終更新日:2013年01月24日

建設業就業者比率が日本一低い都道府県は「京都府」である。全国建設業就業者比率7.857%に対し、京都府の建設業就業者比率は6.032%である。



  • 平成22年現在