統計情報

 「年間出生人数が日本一少ない都道府県」の検索結果1件の中の1 - 1件目. (1.680 秒) 

年間出生人数が日本一少ない都道府県

記事最終更新日:2013年01月24日

年間出生人数が日本一少ない都道府県は「鳥取県」である。
総務省統計局人口動態調査の公表により、平成23年鳥取県は年間出生人数が4,931人で、全国年間出生総数(1,050,806人)の約0.47%である。



  • 2012年09月06日公表
  • 2011年(平成23年)確報
  • 全国には外国出生(122人)が含む