統計情報

 「史上最年少市長当選記録」の検索結果1件の中の1 - 1件目. (0.554 秒) 

史上最年少市長当選記録

記事最終更新日:2013年06月05日

史上最年少で市長当選したのは1994年(平成6年)に就任した東京都武蔵村山市の志々田浩太郎(ししだ こうたろう、1966年5月26日 – )・元市長である。当選年齢は27歳1カ月である。